Top GM講座>GM講座2ndシーズン 第5回『うっかりセッション途中でPC死んじゃったら、どうするよ?』

2010年03月31日

GM講座2ndシーズン 第5回『うっかりセッション途中でPC死んじゃったら、どうするよ?』

 『うっかりセッション途中でPCが死んじゃう』のには原因があります。
  (1)「オープンダイスにした」
  (2)「強すぎる敵を出した」
 概ね、そんなところでしょう。そうならないのが一番なので、まずは対処法から。参考になればと思います。

(1)への事前対策
 本当に盛り上げたいシーン以外では、オープンダイスじゃなく、シークレットダイスで出目を隠して判定すれば解決します。これ以上も、これ以下もありません。
 ただ、ボス戦みたいな盛り上がりのピークまで、終始シークレットダイスでは面白みにかけます。「事故るとリカバリーの利かない場面でなければ、PCとダイス勝負する」というのもセッションを盛り上げる手段の1つではあるので、その辺は、以下の「(2)への事前対策」へ。

(2)への事前対策
 PCが死んだ原因が「強すぎる敵」なら、PCたちと同程度か少し低いレベルの敵を出せばいいでしょう。ただ、単純に敵が弱いと、スリルもショックもサスペンスもありません。戦闘前に「ここはオープンダイスにするかな〜」と言うだけでもPLの勝負心をくすぐることができ、戦闘後のPLのモチベーションが全然違うはずです。
 しかし、レベル以上の実力を持つ敵もいるでしょうし、PCたちと相性の悪い敵もいるでしょう。どんな敵が強いのか弱いのかを見極めるのには慣れが必要です。「攻撃回数」「受ける最大ダメージ」「ダメージ回復能力の高さ」、これらを敵味方で比較して考慮すれば、どちらがどれくらい死にやすいかがわかるでしょう。ちなみに、受けるダメージを最大値ではなく期待値とかで考慮すると、事故る原因なので、気をつけてください。
 いっそのこと弱い敵との戦闘処理をしない手もあります。これならPCが死ぬような事故もないですし、時間短縮にもなりますが、スリルは激減するので多用は禁物です。

(解決編)
 さて、問題は「状況が起きたらどうするよ?」ということです。
 一番確実で簡単なのは、生死判定に類するものをGMの強権で判定しないで成功にして、「気絶して動けないけど死んでない」ことにしてしまうことです。一気に場の熱が冷めたり、白けたりすることもあるので、気をつける必要があります。
 でも、それでは芸がありません。PCが死んでしまったことをネタにセッションを盛り上げられれば一番ですが、PCが死んでプレイヤーさんが退屈しているようなら、敵味方のNPCのプレイングを任せたり、いっそ死んだPCを幽霊として参加できるようにしたりしても面白いかもしれません。
 このように、流れや空気を大切にしながら一番盛り上がる方法を考えることにこそ、意味があります。きっと、知恵を振り絞ってGMが考えているのを、PLさんたちも感じているでしょうから。よりよい着地点を探すコミュニケーションの中で、それが結果的に「PCの死」となったとしても、不満には繋がらないはずです。
 結局、何が大切かというと「一緒にセッションしているプレイヤーさんが楽しめたかどうか」ということが最も重要なのです。PCが死んでしまっても「ピンチの中にチャンスあり!」と思えるようになれば、GMとして一人前と言えるのではないでしょうか。
posted by kog at 22:54 | 鹿児島 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | GM講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
GM講座のアーカイブ化ありがとうございます!
参加できない月も多いので、こうやってみれるとありがたいです。

最近WEB上で馬場講座というTRPGに関するテキスト読んだのですが、敵戦力の随時投入でPC死亡を防ぐような例がのっておりました。
システムよっては時間的に重くなるものもあるでししょうが、うまく使うといい手なのかなとも思いました。

Posted by たぐっちゃん at 2010年04月07日 00:24
>敵戦力の随時投入
いい手だと思います。
ただ、指摘のようにプレイ時間を圧迫しちゃうので注意が必要ですよね。

もっとも、PLさんに「また? 毎回増援来るな」と思われると興が削がれるので、自分は「出した敵が弱すぎた」ときや「想定内・予想外のPCの連携に手も足も出ない」ときに使ったりします。
具体的に敵を出さなくても「増援が到着しそう」のようにタイムアタックの様相を呈しそうな雰囲気を見せるだけでも、ハメの待ち戦略などは打破できますし。
Posted by kog at 2010年04月07日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。