Top 活動レポート>2010年6月13日例会〜しろ80くま〜

2010年06月30日

2010年6月13日例会〜しろ80くま〜

いやぁ、運営面などバタバタしてて、いろいろと記事の公開が遅くなり、申し訳ないです。
そちらについては、以下の記事を参照してください。
http://trpg-shirokuma.seesaa.net/article/155876927.html

さて、口蹄疫で施設使用が制限されないかとか、豪雨で参加者減っちゃうんじゃないかとか心配しましたが、参加者15名で3卓と盛況で、ちと安心しました。
7月例会も無事に開催できるといいんですが‥‥
豪雨は全国的なようなので、鹿児島以外の方も、みなさん気をつけてくださいませ。

四国の《某》さん、掲示板への御見舞い投稿ありがとうございました。
南海TRPGしろくまは、鹿児島で元気にやってますよ。
そちらでも楽しくやってくださいね♪


【報告1】リンク
 「しろくまとは完全につながりのない外部の方からのリンクをどうするか?」という眼目でしたが、「問題ないようなサイトであれば、リンクに外部の項目分けをして載せていいんじゃないか」という形で決着しそうです。たぐっちゃんさん、かねてよりの打ち合わせどおり、共有ブログのリンク追加再編と登録をお願いします。

【報告2】ICレコーダーの購入
 掲示板アンケートと例会での話し合いでは「1台くらい購入してもいいのでは?」という意見が主流でした。ただ、管理の問題や責任についてクリアになっていないため、代表権限で「保留」というかたちにさせてもらいました。管理の問題や責任について考えなきゃいけないので、間を置いて意見が変わることもあるでしょうし、時間を置いて再度議題に挙げたいと思います。
 なお、「仮に買うとして、1台しかなければ使いたいときに使えない場合もあるだろうし、買うなら2台以上ないと共有する意味がない」という意見が出ました。なるほど、その通りなので、参考までに。

【報告3】先月繰越金
 無事に会計の黒井さんに引渡し。
 手順を追って順次解決してゆきましたが、若干複雑になってしまった気がしますので、今一度確認をお願いしますね。



で、GM講座2ndシーズンの第8回『オリジナル』@バトン律師さんをやりました。
オリジナルシステムを作成するにあたっての注意点などは、既存システムでオリジナルのシナリオや設定を作る際にも役に立つので、参考になりますよね。あと、PLとして参加する場合も、どのへんから先へ踏み込んでしまうとシナリオが破綻しかねないのかという判断基準にもなるので、そういう意味でも役に立つかと思います。
なお、【GM講座バトン】【GM講座の過去の記事】に関しては、以下の記事を参照してくださいませ。
http://trpg-shirokuma.seesaa.net/article/145879855.html

で、第9回のGMバトンはロストナンバーさんで、「〇〇というシステムは、ここが凄い!」に関する議題にするようです。
次回も開会式前の9時40分からやるんで、興味のある方はどうぞ。




今回、立ったのは以下の卓。

参加者15名(GM3名、PL12名)

 世界樹の迷宮SRS 伊織GM PL4名
 ガンメタルブレイズ 高宮GM PL5名
 サタスペ ぎんざめGM PL3名

※不成立卓(立卓実績用資料)
 怒羅魂 律師GM ※オリジナル





■6月例会反省・猛省スレッド - 高宮 2010/06/13 (Sun) 20:03:47

以下は基礎ルールです。
・参加した卓、マスターの名前、ルール、システムを記載しましょう。
・反省点を述べて次回以降の反省材料にしましょう。同じゲームをするとは限りませんが失敗点、ミスなどなど…。
・掲示板が荒れる書き込みなどはご遠慮下さい。
・セッション感想シートを有効活用し、其処に書かれている事を反省点として書き込んでも可です。

では反省・猛省スレッド始動!

……以上はテンプレ

次回開催日は7月11日、場所は谷山になります。日時を確認し、計画を練っておきましょう。

次回のGM講座はロストナンバー氏による『〇〇というシステムは此処が凄い!』(〇〇の中は現在不明)となります。

私は後で書き込みます。
では〜♪


●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - たま 2010/06/13 (Sun) 20:15:53

参加システム:世界樹の迷宮SRS
GM:伊織GM

 今回、世界樹の迷宮SRSに参加しました。
 以下、感想
――――――感想―――――
 全体的に敵が弱い。付属シナリオだったので、きっと導入とチュートリアル的位置づけがあったのではないかと思います。
 作品をプレイしていないため、すこしわかりにくいところがいくつか。
 具体的には「採取」などの、『冒険者としては必須であると考えることの出来る行為』についての説明。これだけで重要なスキルを消費するのは・・・ まぁ、いいです。きっと採取メインのクエストなんてないでしょうしw

 RPとしての反省は……、あんまり他のキャラクターの名前を覚えていないので、絡みが少なかったかな? と。
 守銭奴キャラを演じましたが、なんか、…うん、難しいです。今度練習しとくとします。

 反省ばかりのような気がしますが、SRSを使用しているシステムとしては、十分遊べる状態だと思うし、伊織GMのマスタリングも安定してて、すごく楽しかったです。

 うん…オリジナル、作ってみようかな


●Re: 6月例会反省・猛省スレッド&異能使い1.5式について - 深淵 2010/06/13 (Sun) 20:53:19

参加システム:世界樹の迷宮SRS
GM:伊織GM

反省点
 軽い反省点を…
 ・ルールが1冊しかないのだから、素直にクイックスタートを行うべきだった。
  と、自分の反省をしてみました。
 他は…うん、反省も何もない。
 
原作をちょっとでもかじっていると、面白いと思いますが…

まあ、いい加減、ほとんどそのままのデーターを持ってくるのはどうかと…

 さて、SRSの悪口はこのくらいにして…

 卓でも、少し話した、異能使い1.5式なのですが、すでに、大雑把なところは完成していて、データーを詰めてみたり、動くか確かめてみたいと思っています。(まだ、データー部分のうち、属性異能力が10分の1くらいしかできていないのですが…)
 なお、異能使いの名前を使っていますが、中身はほとんど別物です。
 
 大きく変わった点だけをここで書いていきたいと思います。

・シナリオ終了時に、魔性化するようになった。
 異能力を使用することで魔性値が上昇するように変更を行いました(一部上昇しないものもあります)

・シーンの中に、BoAの悪徳に相当するシーンを作った。
 異能力者が、魔性にひかれながらも、拒絶するという動機づけがあまりに弱い気がしたので作成しました。(これにより、シナリオ終了時に大幅に魔性値を減少させるようにしました)なお、絆効果を1つ埋めてしまうので、使い方によってはPCを弱体化させる恐れもあると思います。

・絆効果、戦闘覚醒、異能領域の変更
 戦闘覚醒の内容を大幅に変更し、コストに絆効果を入れました。なお、異能領域については、2式の戦闘覚醒の内容を補完するように変更しました。(戦闘覚醒と異能領域は自動習得になります)
 
 また、絆効果についても、使用方法並びに効果を大幅に変更しました内容は、次のときにでも書きます。

・キャラクターの作成方法などの変更を行いました。
 無印に近い形に変更しました。ただ、そのままの作成ではないとは言っておきます(説明にかなり尺を取るので、ここでは割愛します)

・敵の能力をわかりやすく変更しました。
 今回は、基本的には魔性値が高ければ高いほど、敵は強くなります。(敵の種類が増えたので、一概にそうはいえないのですが…)※まだ、調整段階です…

・戦闘覚醒時と未覚醒時の能力に大きな差が生じるようになりました。(未覚醒時は、ほとんどの異能力が使用できないと思ってもらっても結構です)

・敵の側に、PCの血脈覚醒に相当する大呪(BoAの魔印相当です)を追加しました。

・PCの血脈覚醒に絆効果を使用して追加の効果を発生するように変更しました。

・霊装の内容を変更しました。

なお、現在のところ、属性異能力(魔を含む)、世界観、アイテム部分が、遅れているところです。



●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - 高宮 2010/06/15 (Tue) 20:31:23

使用ゲーム:ガンメタル・ブレイズ
立場:マスター

ガンメタル・ブレイズのマスターをしました。しろくまでは始めてのゲームでしたので以下の条件の下ゲームを開始しました。
・キャラクター作成をクィックスタートに限定。メイキングによるキャラクター作成は行わせない。
・各自のハンドアウトを用意せずチームハンドアウトとしての設定のみを用意(ハンドアウトそのものは使用せず)。
結果は成功といってもいいと思います。参加された皆さんには楽しんでもらえたみたいですし。

という訳で特に今回は特に反省する場所はなかったという事
で…。
まぁシチュエーションカードによってシーンの状況を演出できるというシステムに入り込めるかどうかがこのゲームの肝なわけですが参加した方もいっていらっしゃいましたが
「人を選ぶ」と。まぁ…難しいとは思いますが其処まで悩んで居る様子はなかったわけで…そこまで「人を選ぶ」ほどではなかったかと思います。次回以降、できれば来月にでもまた今度はサプリメント込みでやりたいものです。



●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - 伊織 2010/06/15 (Tue) 21:50:41

使用ゲーム:世界樹の迷宮SRS
立場:マスター

 世界樹の迷宮SRSのマスターをしました。
 個人的にはSRSはそんなに好きではなかったりするのですが、原作の大ファンなので1回やってみたいと言う動機でした(笑)

 シナリオは付属のシナリオでやったのですが、雑魚が紙過ぎでPCに対して殆どダメージを与えることも無く(結果PC側のリソース(アイテムとかTPとかフォーススキル)を殆ど消費することも無く)ボスまで行けてしまって、シナリオとしては、結構単調というか面白みが少なかったかなぁとか…
 後、ルールについてもそれなりには読んできたつもりでしたが、いざ運営していると、これはどうするのかな?とかいっぱい疑問点が生まれてこれまた反省。

 とは言え、ダンジョンをマッピングしながら進むってだけでゲームを遊んでる気になると言うか、意外に盛り上がるもので、やっぱりダンジョンと言うのは偉大だなぁと(笑)

 先に出たPLさんからの感想では思ったより好評価でしたが、けっこうシステムに助けられたかな…と。

 ちなみに、終わりの時にも言いましたが、2F以降を舞台にして、FOE(ちなみに一番弱いFOEである『鹿』が、今回のシナリオボスより少し強い程度ですw)から逃げ回りつつのバランスにしたら、雑魚はあの程度でもそれなりに緊張感を持たせられるのかなぁとか思いましたが…さすがにそれはルールブックを読んだだけでは解らないと言うか、やってみないと解らなかった所でして、いつかまた遊ぶ機会があったら、FOEに追い掛け回されつつダンジョンを巡る楽しさを探ってみたいものですね。


 などと、言いつつ、次に来れる時にはGURPS・リボーンリバースを持ってこようかなぁとか(笑)


●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - ぎんざめ 2010/06/16 (Wed) 23:01:33

使用ゲーム:サタスペ
立場:DD

反省点は「ルールうろ覚えでやるのは良くない」というのとシナリオ進行の上でPLにもう少し指針を示すべきだったかなぁと。情報だけ提示して行動は自主性に任せていたのだけど、PLが核心から遠いところを念入りに調べてしまっていたので、もっと「これが怪しいですよー調べましょうー」って誘導しておくべきだったかと。
俄かGMとはいえ、もう少し入念に準備すべきでした。戦闘用スクエアマップも家に忘れてくるし。

最後の戦闘で事故ってボスが1ターンキルされてしまったのはサタスペだからしょうがないということで。
実質の最終戦闘はその前の演奏合戦だったわけですし。


余談ですが「世界樹の迷宮SRS」の初期作成キャラクターは原作の7〜9Lv相当だそうです。参考までに。



●2010上半期 立卓システムまとめ - 秋芳 2010/06/17 (Thu) 22:49:18

6月例会も無事に終了しましたので、2010年上半期の立卓まとめを行いました。
「しろくま共有blog」のカテゴリ「活動レポート」をご覧ください。
しろくま共有blogへは、この掲示板の最上部からリンクされています。



●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - 律師 2010/06/18 (Fri) 21:02:29

 今月は珍しく卓立てに失敗…
 それでも以前より興味があったガンメタル・ブレイズに突入できたのは良かったです。
 システム的な感想はロールプレイが得意な人なら相性は良いけど、苦手な人はちとつらい面もありますが、ノリでなんとかなるなと…
 シナリオ中ではデストロイ暴走娘になっていました。うん、性格は冷静を装っているとなっていたはずが口数は少ないけどやることはかなり過激というか危険物レベルでした。(依頼人の家のドアを破壊しようとしたり泥をはねた車をデストロイしたり)プレイヤーとしては、どうやらカード操作をする能力があったのか後半からなぜか演出に適したカードが繋がっていくという不思議パワーを…(エンディングでテーマソングのカードが手元にあったり)
 無茶ぶりでいいからカードをガンガン出して、スピーディーにそしてスタイリッシュに進めていけばかなり盛り上がるゲームだなと思いました。

 GM講座は内容をかなりはしょったりしましたが…補足なども込みでブログのほうに挙げておきます。

 ロストさんからのリクエストで怒羅魂で二丁拳銃使いをできるようにしてとのことでしたのでその辺のデータも作成していきたいと思います。



●Re: 6月例会反省・猛省スレッド - ばたやん 2010/06/19 (Sat) 00:13:34

伊織GMの世界樹の迷宮SRSに「美少年パラディン」ラッキーくん若干16歳で参加しました。
キャラ背景で「美少年」「組織のために」という設定が出たので、『所属する(ホストクラブの)お店の売上げのために!世のお姉様たちを虜にしてお持ち帰りだぜ!!』ということにしてひたすら女の子NPCに向かって邁進しておりました。

戦闘でパーティがピンチになるようなことも無かったためにパラディン(壁役)という役割を見出せなかったので、とりあえず女の子にだけ絡んでいましたが、最後の戦闘で女の子に向かっている間に1人戦闘不能になってしまうという失策を…あと、もう少しショタキャラっぽくプレイしてないといかなかったかな。この2点が反省点。まぁ戦闘不能になったのは男だからいいか(ぉぃ


とりあえず6/27(日)にボドゲ会やります、という告知も付加えて。
うちは今回は[タイタン]を中心に。男爵さんが[ディセント]を立てるかも(雨が降らなければ)という話でしたので、時間長めのゲームが中心になるかな?午前中は軽めのゲームで流して、午後から長時間ゲームにするのが良いかなと考えております。



●超医術でキテマスと言ったら負け? - kog 2010/06/27 (Sun) 10:29:47

赤毛の女メディックのレナで、伊織GMの世界樹の迷宮に参加しました。kogです。
元が良いだけに、移植ものといっても面白かったです。
やはり、容量という制限の中で勝負しなきゃならない部分で培われたシステムだけあって、方向性で要らない部分は設定なんてないってのが潔くていい。
オリジナルとか作るときには見習わないといけない部分ですね。

シナリオはゲームの手順を覚えるものだったんでしょうが、もちっと手応えが欲しかったっすね。
強敵に追いかけられながらエリア移動し、タイムアタックでザコを蹴散らしたり、イベントをクリアしていくってのが、本来のシナリオ形態らしんで、今度は2F以降のシナリオがしてみたいです♪

で、スキルやら何やら移植しまくってデータが重いらしいんで、コンベで使うならレジュメがあった方がいいのかもです。
そういう意味ではサンプルキャラが重要なんですが、それぞれ使える感じで良かったっすね。
使えないサンプルキャラ掲載してるゲームって結構ある気がするんで、それだけでも好感触。
そのうちルルブを手に入れようか‥‥
ブックオフあたりに転がってるとありがたいんだけどなぁ。(笑)

セッション進行は、全体的に安定してて楽しめました。
シナリオに関係ない部分まで世界観を説明しすぎて少しダレた気がしますが、そこはそれですね。
自分も陥りがちなんで、気をつけないと。

あと、シナリオの結果に重要な危機をもたらすプレイングではなかったんで、聖騎士ホストのNPC持ち帰りは、もっと話を膨らませたかったですねぇ。
PC=プレイヤー的に駄目ーーーじゃなくて、プレイングでNPC女子のお持ち帰りを阻止しようとし、盛り上がったところでダイス勝負みたいな感じで大らかに楽しみたかったなと思ったり。
一応、こちらはレナをお持ち帰りさせようとする方向で阻止を仕掛けてたんですが、肝心の聖騎士ホストがノってこなかった‥‥
こちらとしては、アプローチから作戦失敗だったのは反省しきりでやんす。

最後に。
プレイ初心者集団の足りない部分をガチで補強してくれた深淵さんに超感謝でした。
かなり戦闘で楽させてもらいましたよ。
posted by kog at 00:00 | 鹿児島 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。