Top 活動レポート>2011年7月10日例会〜しろ93くま〜

2011年07月30日

2011年7月10日例会〜しろ93くま〜

【kogひとこと】
 新人さんとセッションしました。
 なかなか面白い方で、またセッションするのが楽しみ♪


【立卓情報】 参加者11名(GM2名、PL9名)
 ■エンドブレイカー 伊織GM PL5名
 ■マギカロギア 秋芳GM PL4名
 ※不成立卓(立卓実績用資料)ルーンクエスト ばたやんGM


【一言】エンドブレイカー@自動生成シナリオの狭間には、へんたいさんがいる?
 ●妄想!!
 ●フェチ
 ●いろいろと こわれてた
 ●へんたいさんがいる〜
 ●PLによるカオスなシナリオ創作と暴走

【一言】マギカロギア@夏風邪に御用心♪陰陽の因縁がおんねん
 ●若だんなで、お笑いGET♪
 ●リフティングを楽しんだ
 ●もっと自分を出してもいいと言われました(笑)
 ●和風? そして4以下が出ない星
 ●ロールプレイ不足





【プレイしてみたいTRPGは、ありますか? それはGM or PL?】
 ●六門世界TRPG第1版
 ●今回立たなかったRQ(笑)
 ●マギカロギア
 ●ハンターズムーン
 ●アリアンロッド
 ●シノビガミ怪
 ●シャドウラン GMでもPLでも
 ●PLであれば大抵は。
 ●PL
 ●霊障都市 新宿


【運営に対して、ご意見や要望はありますか?】
 ●なし
 ●ありがとうございました!
 ●暑さに負けず頑張りましょう。おつかれさまです。
 ●特になし。がんばって下さい。
 ●いつもありがとうございます。
 ●なかなか これなくて すみません‥‥‥‥


【報告】施設申請関連
 しばし、お待ちを。


【報告】会計
 会計の黒井さんが来場したので一時清算。
 少し繰り越しマイナスだったと思うけど、メモし忘れ。後程、修正します。


【GM講座】
 過去のGM講座は、以下の記事を参照してくださいませ。
http://trpg-shirokuma.seesaa.net/article/145879855.html


【感想スレ】
■7月例会感想スレッド - 秋芳 2011/07/11 (Mon) 00:10:31

7月の例会感想スレッドです。
感想や反省など、一言一行でも良いので、コメントがいただけると嬉しいです。

(以下、テンプレ)
・掲示板を荒らすような書き込みはやめましょう。
・参加したシステムまたはマスターを書きましょう。掲示板を見ている人にも解りやすくという事で…。
・反省点を書きましょう。ロールプレイや行動など反省する所は多いと思います。
・プレイしたゲームの感想を書いてみてはいかがでしょうか?初めてやってみたけど面白かった!や私には合わなかった…難しかったなどなど
(テンプレここまで)

次回は8月14日(日)、谷山市民会館で開催予定です。

また、7月24日(日)には、ばたやんさん主催のボードゲーム会も開催予定。
谷山市民会館の和室にて10時〜19時(途中参加/退場自由)、参加費¥100(小学生以下無料)。
ボードゲームの持ち込み歓迎。ただしトレーディングカードゲームは不可。


●Re: 7月例会感想スレッド - ヤスダ 2011/07/12 (Tue) 00:30:11

遅刻にて参加出来なかったヤスダです。

まずはマギカロギア卓GMの秋芳さんと他のプレイヤーの皆様にお詫び申し上げます。

ギリギリまで待っていただいたのに本当にすいませんでした。

今回は携帯を忘れて連絡出来ないという状況でもありましたが、次回からはこのような事が無いように気を付けます。

セッションに参加していないので感想というのもおかしいですが、傍から見ていた限りでは参加出来なかったのが悔やまれるような楽しそうなセッションでした。


初参加だった藤原さんも楽しんでいたようで、流石は秋芳GMといった感じです。


セッション終了後のカードゲームも面白かったです。


次回は是非セッションから参加したい所です。


●また、闇の魔素が、ふよふよと消えてゆく - kog 2011/07/12 (Tue) 14:42:15

秋芳GMのまどかマギカロギア‥‥じゃなくて、マギカロギアに糸色 田介(いとしき でんすけ)で参加しました。

禁書の欠片たる断章を回収したり、敵対する書籍卿と争ったり‥‥
魔法使いたちは、禁書が巻き起こさんとする世界の破たんを防ぐために、奔走することに‥‥
サイコロフィクションのゲームだけに、大まかなルールは継承されていて遊びやすかったですねぇ。

さて‥‥
今回やったのはPC2の司書(ライブラリアン)。
ハンドアウトでは《大法典》の魔法使いで、PC3の指導役ということですか‥‥
PC1がハンドアウトでリーダー格なら、若旦那にしてつかみどころのない影のリーダーでいこうかなと。
他のメンバーが「直球勝負」「シナリオメーカー」「TRPG初心者」ときたら、「賑やかし」がいないと盛り上がらんなぁ‥‥と思ったんだけど、もっと真面目なキャラがお望みだったみたい。(笑) 個人的には要所要所で笑いが取れたんで、満足だったんですけどね。
見た目は、糸目で微笑みを絶やさない和服姿の30代男性で、何を考えているのかわからないので越後屋と渾名される。
よく六分儀市の料亭で見かけるのだが、別に料亭の子というわけではないのに、みんなからは若旦那と呼ばれている不思議なヤツ。
初期アンカーである隣人の夢野歩くん(男の子)を可愛がって(恋愛属性)いて、オープニング結んだアンカーで姓の違う妹がいることが判明。
PLでも掴みどころのないキャラでしたが、お約束が必要ない分、GMや他のPLさんたちの意表を突くプレイングができたんで、ロールプレイは楽しかったですねぇ。

まぁ‥‥
気づく方は気づく訳ですが、私のPCの名前を組み直すと「絶界」です。
で、魔法名「しぎょう」五行の五から頭の一がない‥‥百式が白式に、みたいなと言えば分りやすいでしょうか。
魂の特技が「無」だったんで、無行から絶界へ連想して、なにか昔にあって完全な太極陣ではなくなってしまった太極陣の妖(あやかし)にしようと思い、それで陰陽道に関係してる‥‥みたいな。
んで、別に示し合わせたわけじゃないんですが‥‥
 【PC1雷竜太@ブリキンさん】真の姿が抜身の刀で、銘は雷切。かの立花道雪の刀ですな。
 【PC2糸色田介@kog】真の姿では太極陣に変形(笑)。
 【PC3立花亜紀子@藤原さん】真の姿が猟犬をつないだ鎖という病弱バーサーカー。魔法名が「立花」‥‥ 偶然って怖い‥‥
 【PC4一条晴泪@黒井さん】魔法名「金烏玉兎」。三国相伝なんちゃら‥‥って、あの陰陽寮の安部晴明の秘本ですな。 
とまぁ、主従関係・師弟関係でクロスオーバーしながらも、設定でガップリ四つ。なんでしょね?(笑)

結局、さくさくクリアして、魔法災害らしい魔法災害はなく、サッカー少年の夢が砕けただけで禁書は封印。
ただ、その砕けた夢も運命変転の判定に成功して「砕けなかった」ことに‥‥ 少年とのアンカーは外れ、魔法使いとの記憶も欠落しちゃうんですけどね。

 一条「それではサッカーのロッカーに忍ばせておきます。本は売り物で悪いのですが」
 糸色「売り物って‥‥ まさか」
 GM「古本ですか?」
 一条「そうですけど、何か」
 糸色「トータルフットボールが、今、熱い!! みたいな本なんですかね?」
 一条「基本的な技術が書いてある本です。」
 糸色「あぁ、あの病院で雷さんが少年に見せた、あの奇跡のリフティングが書いてあるんですね」
(一同笑)
 雷「だから何度も言ってるじゃないですか。あれは《偶然》のリフティングですって」
 一条「ツッコむのは、そこじゃないですから。せっかく綺麗に纏めようとしてるのに。しくしく」

ほとんど判定に失敗しなかったのが、勝利の一因でしょうね。
私も防御4なの忘れて、何回か3個プロットしたりしましたが、GMが呪文を使い忘れたりポカしてくれたのも少しあると思いますが。
ヤスダさんも書いてますが、なかなか楽しいセッションでした。
心残りがあるとすれば、クリア重視でプレイして、関係あるPCが断章を回収したり書籍卿を倒したりできなかったことでしょうかね。
ともあれ、ご一緒したメンバーさんたち、サンクス♪


●Re: 7月例会感想スレッド - 秋芳 2011/07/18 (Mon) 01:34:22

マギカロギアのGMを務めさせていただきました。

今回最大の反省点は、マギロギは初めての方のみならずTRPGがが初めて、という方がいたにも関わらず、フォローが上手くなかった点です。
初マギロギの方には世界観の魅力を、初TRPGの方にはTRPGの魅力を伝えるようなセッションに出来ればよかったのですが……やや平板なセッションになってしまいました。

シナリオ的には、NPCカードを用いたギミックなどを採用した結果、かなり効率重視のセッションとなってしまいました。
サイコロフィクションシリーズのシステマティックな面を悪い方向に作用させてしまい、かなりボードゲームライクな様相を呈していました。

シナリオ的にもGMの方から、もう少し盛り上げるべきでしたが、NPCに小学4年生が3人ばかりいたためGMのロールプレイ下手から、演出不足になってしまいました。

GMの演出不足、PLさんを上手くつついて演出を引き出すことができなかったなど、総じて演出面での反省ということになりました。次、頑張ります。
遊んでくださったPLの皆様、ありがとうございました。


尚、セッション終了後の空き時間に、短時間で出来るカードゲームとして『がむしゃらギャング団』『テケ・リ・リ』を数回プレイしました。

さて。
7月30日、待ちに待った『シノビガミ怪 冥王裁判』が刊行されます。
シノビガミの新シリーズ開幕ということで、リプレイ+リファインされた新ルールという内容になるようです。
機会があれば、こちらもGM立候補しますので、興味がある方はヨロシクお願いします。

>ヤスダさん
対応しきれず、スミマセン。
タイミングがあえば、またの機会にヨロシクお願いします。


●Re: 7月例会感想スレッド - ばたやん 2011/07/18 (Mon) 23:27:59

RQが立たなかったので伊織GMのエンドブレイカー卓に参加しました。お盆も参加できないので次は9月に再挑戦。

エンドブレイカーは2回目。前回ネタキャラでアバレまくったため、今回はネタ控えめで無口な常識人で行こうと。
『スカード/スカイランナーの19歳女』まではてきとーに決めて、装備を見ると…
「エアシューズ…靴が武器か、スカイランナーっぽいな」
から流れて
「なに?防具にドレス?」
ときたら
「じゃあエアシューズは形状ピンヒールで、ドレスは形状ゴスロリ服、スカード=傷負い人ってことだから右手の薬指を指輪ごと食い千切られたってことで」
特徴をダイス振って決めたら
「上流階級の服・極端に白い肌・手足が長い…なんか狙ったように耽美な美少女方向だな」
最後に
「ハイヒールだから、名前はモモコしかないな(古)」
そんな感じで
『ピンヒールで空へ翔け上がるゴスロリ少女、モモコ・イグレーヌ』完成。
決め台詞は
「…こうして欲しかったんでしょ?(踏)」


「…やっぱネタキャラじゃないっすか!」
「いやどこにでも居そうなテンプレ的美少女キャラじゃん?」


さてさて。
今回“30分TRPG”ってことで、カードを使ったタイトルからストーリーを連想して進行する形式。しかし参加者諸氏の発想が…
第1話『城塞騎士に射す光』
「失恋した騎士を慰めようという話?」
「そっち方向!?」
「ボスキャラはマミーだってさ」
「じゃあ騎士はマザコンでフられたって話で」
「そっちのマミーかよ!?」
「子離れできずに死してなお子に構う母マミーとマザコン騎士、マミーを倒すことで騎士は新しい人生へ…」
第2話『見習いポストマン、アンデッド化事件』
「ボスキャラのデュラハン♀からポストマンへ恋文が」
「魅入られたポストマンは夜毎生気を失っていく」
「そっち方向!?」
「デュラハン♀の馬倒しちゃったってことで、ポストマン氏はデュラハン♀の馬に」
「何かに目覚めちゃったんだね」
「いや目覚める前に助けないと(笑)」
第3話(タイトル忘れた)
「ボスキャラ、脚をすくって転ばす能力を持ってるよ」
「今回は脚フェチの話か」

…とまぁ、様々な【愛】のカタチが展開されたのでありました。参加者諸氏のフェチ度の高さがそうさせたのだろう。うん。

ちなみに大人しいキャラの予定だったモモコは、初戦闘の初攻撃でダブルトリガー×5(ダイス7個)で『ピンヒール・サマーソルト大乱舞』をぶちかまし、その後も戦闘のたびにダブルトリガーを連打したお陰で『足癖の悪い女』というレッテルを貼られてしまいました(笑)
長い脚で首を絞めたり、敵の頭を八艘跳びで踏み越えたり、美脚好きなうちには…ゲフンゲフン

反省点、眠かったこと。RQの最終準備で寝たのが明け方5時、7時に起きたので睡眠不足。RQが立たないんだったら寝とけば良かったよ…orz
ともあれ、楽しいセッションでした。伊織GMをはじめ参加された皆様有難うございました〜


追伸:ボドゲ会が7/24(日)谷山市民会館和室にてあります



●Re: 7月例会感想スレッド - 伊織 2011/07/31 (Sun) 02:13:28

遅くなりましたが、エンドブレイカー!のGMをやりました伊織です。
後にしようかとか思ってたら気がついたら月末になってしまいました…
参加した皆様はお疲れ様でした〜

ランダムシナリオと言うことで、準備をあんまりしてなかったもので、物凄くきめ細かい準備をされていたばたやんさんには申し訳なかったなぁとか思いつつ…

さて、感想ですが…プレイヤーの皆さんが面白おかしく動いてくれたのでアドリブシナリオとしては大変やりやすかったです。


プレイレポートっぽい物

第1話 城塞騎士に射す光
うーん…城塞騎士さんが恋に絶望してる話?
とかそんな感じで進み、ボスキャラがマミー(ミイラ)でした、となったときに『そうか!彼はマザコンだったんだ!(マミー(母)とかけて)』と、なり良い話かと思いきや残念な話に…

第2話 見習いポストマンアンデッド化事件
今回はボスもオープンして話を考えよう、と言う事になって開けてみたら『リリィヘッド』と言う女性型のデュラハンっぽいモンスターがボスでした。
…これはきっと『死の宣告をするためのメッセンジャーを雇おうとしてるに違いない!』と言う話になり、『ちゃんと自分の仕事は自分でやるべきだ!』と、義憤に駆られるエンドブレイカー達(そこかよ!)
と、言う感じで残念な感じに…

第3話 若き星霊術士捜索願い
(今回はまたボスを伏せた状態でスタート)
お、今回はまともそうな依頼だな…と話が進んだのもつかの間。
最初の判定に失敗し床に穴を開けてしまったのを気に『この穴に落ちて星霊術士さんが行方不明に…つまり犯人はお前(最初に判定したPC)か〜』と言う話になり、そのままどたばたと説教したりお仕置きしたりと変な話に…
そして、ボス登場、特殊能力で『足取り』という能力を持たせた所『足フェチ認定』されてしまい…しかもダイスでランダムに対象を決めたら男性キャラばかり狙ってたので『男の足フェチ』認定されてしまい残念な話に…

最終話 放置領域からの恋文
今回はランダムではなくこちらが準備したボスとの決戦シナリオと言うことで、ボスとの決戦にいかに挑むかと言う事でカードを引いたらこんな題名が(笑)
と、言う訳で、ボスからの果たし状を恋文と勘違いして放置領域に行ったらボスと戦うという謎のシチュエーションに(笑)
ランダムシナリオの最後に用意すると言うことで【妄想から様々なイマージュ(この世界では想像したものから生まれるイマージュ種と言うモンスターがいるのですw)を生み出し、各地で騒動を起こしている黒幕】と言う設定の女の子を出したのですが…
まぁ今まで出たのが残念な敵だらけだったので【残念な妄想をする女の子】か!と言う事になってしまいました。

と、まぁ残念さばかりが出てしまいましたが、楽しく遊べましたね〜
本当に1話あたり1時間かからない程度で遊べてしまうのが凄いと思いました(良し悪しは別にしてw)
実はSWで言う所の【シチュエーション戦闘】みたいなのも結構簡単に作れるので、そう言う仕掛けのあるシナリオとかもやってみたいなぁとか…
個人的にはシャドウランとかトーキョーNOVAみたいな近未来サイバーアクション物とかやりたいのですが、こう言うお手軽なゲームも捨てがたいなぁと悩ましい所ではあります…

おまけ
ちなみに、結構時間が余ったので、そのままエンドブレイカーのカードゲームもやってみました。
2人以上で遊ぶのは初めてでしたが、中々楽しかったです。
4人で連続して遊んだら楽しいのでしょうねぇ(笑)

次回以降も、中々遊びに行く機会が取れるか解りませんが、行けた時はまたよろしくですよ〜
posted by kog at 00:00 | 鹿児島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。