Top 活動レポート>2011年8月14日例会〜しろ94くま〜

2011年08月30日

2011年8月14日例会〜しろ94くま〜

【kogひとこと】
 お盆のど真ん中に開催という一種ギャンブルでしたが、最近の平時と同じくらいの参加者を得て、無事開催。
 狙い通り帰省中の懐かしい顔に出会えたりと、有意義なセッションでした。

 二転三転あって2卓開催でしたが、GMさんの負担軽減も兼ねて、3卓にしても良かったかなぁとか、主催者としては、ちと反省。


【立卓情報】 参加者14名(GM2名、PL12名)
 ■現代伝奇バトルRPGシノビガミ怪 秋芳GM PL5名
 ■真女神転生2TRPG・誕生編 団長GM PL7名
 ※不成立卓(立卓実績用資料)なし

  注釈)当日、六門世界TRPGで予備卓の立候補がありましたが、GM立候補のあった卓だけで成立したので、不成立卓なしということで。


【一言】シノビガミ怪@いきものがたり海物語
 ●生きててよかった!!!!
 ●秘密をかくしすぎて、あやうくPC消滅の危機
 ●動物大合戦

【一言】真メガテン2@奇祭の怪奇、うっかり解決、伊勢署資料課分隊
 ●カオス
 ●ふざげすぎて時間が足りなくなった。
 ●残念な子がいっぱい
 ●正にカオス
 ●バトル‥‥
 ●ニャルラー!!
 ●幻想&アバンチュール(一部のみ)
 ●船頭多くして、船山に登る


【プレイしてみたいTRPGは、ありますか? それはGM or PL?】
 ●マギロギ GM かえってこれたらね‥‥‥‥
 ●PL
 ●最近クトゥルフをやってないのでクトゥルフ
 ●ワースブレイド PL
 ●シティーアドベンチャー的なシナリオが欲しい PL
 ●ベタな王道


【運営に対して、ご意見や要望はありますか?】
 ●このシート(例会エントリーシート)とか色々できてて進化したなって感じですね。
 ●旧支配者の襲来!!良かったです
 ●無理せんのが一番。
 ●kogさん、いつもありがとう!


【報告】施設申請関連
 しばし、お待ちを。


【報告】会計
 収入:2400円 = PL12名×200円
 支出:2300円 = 施設賃料2300(2296円から端数切り上げ)
 収支:+100円 = 収入2400円 − 支出2300円
 今月の繰り越しは、会計の黒井さんと会うまでkog預かりで。


【GM講座】
 過去のGM講座は、以下の記事を参照してくださいませ。
http://trpg-shirokuma.seesaa.net/article/145879855.html


【感想スレ】
■8月例会感想スレッド - 秋芳 2011/08/15 (Mon) 07:53:42

8月例会の感想スレッドです。
感想や反省など、一言一行でも良いので、コメントがいただけると嬉しいです。

・反省や感想などをお書きください。
 ここを失敗した〜!、初めてやってみたけど面白かった!、私には合わなかった、難しかった、次はリベンジする!
 ……などなど。皆さんの感想をお待ちしています。
・参加したシステムまたはマスターをお書きください。
 感想は、参加してない方にもわかるような書き方だと助かります。
・他の方が不快になるような書き込みはご遠慮ください。


次回、9月例会は9月11日(日)、谷山市民会館で開催予定です。


また、8月28日(日)には、ばたやんさん主催のボードゲーム会も開催予定。
谷山市民会館にて10時〜19時(途中参加/退場自由)、参加費¥100(小学生以下無料)。
ボードゲームの持ち込み歓迎。ただしトレーディングカードゲームは不可とのことです。


●Re: 8月例会感想スレッド - 団長 2011/08/17 (Wed) 03:09:14

今回、クトゥフ風女神転生のGMを担当しました団長です。

そもそも、ちょっとしたアクシデントにより、暇をもてあました自分はかねてより興味のあったクトゥフ神話に手を出してみたのですが…。

(クトゥフ神話おもしれー。でもルルブ高いし新たなシステム覚えるのまんどくせー。だったら似たシステムのメガテンで代用できんじゃね?うはー、俺天才!!)

こんな感じで、大した考えもなくクトゥフ風のメガテンシナリオをつくりだしました。
クトゥフの最大の特徴であるSUN値チェックは命運で代用し、失敗したらBAD‐HIGH状態になり、成功しても命運を消費してしまうという特別ルールでPCの恐怖をあおれたのではないかと思います。

シナリオについては、クトゥフファンならすぐに気がつくような名前のアナグラムで、思わずくすりとさせられるようなベタなものにしました。
例 段市村→ダンウィッチ 世具想神社→ヨグ=ソートス 重理家→ウェイトリー家 等々

珍しくシナリオのプロットも完成させ、いざしろくまへ…と意気込んだのはいいのですが、


流石に7名のPCを捌くのは無理がありました。
しかも、旧支配者が4名入る混沌っぷり。そりゃ時間がいくらあっても足りなくなりますよ。GM自ら混沌に拍車かける始末だし。




以下、反省点

・特務刑事部署としてPCを召集したのはいいが、どこまでの権限を持つのか曖昧すぎた。
・情報の出し方が上手くいかず、PCの目がGMの意図する方向とは別の方を向いてしまった。

以上に尽きると思います。

本当であれば、ラストの戦闘も邪神に操られたPCとまともなPCとで同士討ちになり、全員が瀕死の状態になったところで全員が覚醒、背後の黒幕と最終戦闘、の流れにもって行きたかったのですが、時間切れで結局最終戦闘に加わらなかったPCが出る始末…。まぁ、全員が楽しそうにプレイしていたのが唯一の救いでした。

最後に、自分の卓でプレイしてもらったPLの皆様に感謝いたします。


●Re: 8月例会感想スレッド - 秋芳 2011/08/18 (Thu) 01:11:10

 「シノビガミ怪」のGMを務めさせていただきました。
 卓分けの時には希望者0名ででしたが、あれよあれよというまに成立となりました。
 PL7人は大変だったようですので、合計14人なら、3卓でPLを4・4・3が良かったのかもしれませんね。

 さて、今回のシノビガミ怪は「退魔編」ということで、通常の方法では倒せないボス妖魔を設定し、PCたちの【秘密】に隠された「ボスを倒す方法」を探すというゲーム内容でした。
 「怪」は協力プレイでボスを倒す設定なのですが、これまでも、PCvsPCが苦手な方もいるのではないか?ということで協力プレイ風味のシノビガミを提案してきましたので、GMとしてはいつもの要領で気楽にプレイできました。

 今回のセッションを決定付けたのは、某PCのキャラシーに描かれた「カニ」でした。
 「カニ」のせいで情報を共有する輪から外され、目のカタキにされる。その結果、PCの消滅が掛かった重要な情報をボス戦のさなかでも隠匿したまま、などなど。
 サラッと描いたキャラ絵からストーリー展開が決定付けられるという、即興性の高い卓となりました。

 何かとダイス目が低いことが取り沙汰されるシノビガミですが、今回も「妖怪1足りない」「4しか出ない星」「むしろ4すら出ない星」が健在でした。
 特に、某PLさんは各PCに3回あったシーンプレイヤー時の判定に、3連続で失敗という散々な状況。しかし、ボス戦闘時には9以上や10以上が必要とされる場面でことごとく成功されてましたので、これはこれで収支がとれていたのかもしれません。
 別のPLさんが繰り出した(?)2D6で3、貴重なアイテム消費して振り直してピンゾロ!などというのは、すでにシノビガミの様式美となりつつある感もあります。
 先月の例会でプレイした、同様の判定方法を採用している「マギカロギア」では、PLサイドのファンブルは皆無で、判定の失敗も1〜2回だったのですが……。
 相変わらずシノビガミには何か憑いているようです。

 以上、長々と書き連ねましたが、GMの反省としてはシナリオに改良の余地があったこと、NPCがシリアス結界を維持できなかった(コミカル時空に引きずり込まれてダメな子に…)ことなどでしょうか。
 参加していただいたPLの皆様、ありがとうございました。

追伸。
 冒頭にも書きましたが、シノビガミの希望者0人、クトゥルフ風メガテンが大人気!という状況を見て、脳内では「(いそいそとクトゥルフ神話TRPGとメガテンXのルルブ用意しつつ)なになに?クトゥルフやっちゃう?それともメガテンがいい?」という感じでした。どちらも、ここしばらく遊んでいないシステムですが。
 そういえば、今年はアメリカでクトゥルフの最初のルルブが発売されてから30周年!の記念の年だったのでした。(ちなみに、日本語版が発売されてから25周年!の年でもあります。)
 最近クトゥルフやってないですし、今月20日には新しいサプリが出るので、機会があれば近々立候補してみたいと思います。


●Re: 8月例会感想スレッド - 南之 2011/08/18 (Thu) 14:44:52

今回はシノビガミ怪で蟹をしました。
まじめにキャラを作っていたら、
気が付いたら(悪乗りしたら)蟹さんになっていましたww

ラストバトルで実は回復をお願いして、
信念:凶に恥じぬ可能な限りのバットエンドにしようか
結構悩んだりwww

プレイとしては意味のない行動をとってたり、
うまく絡めてなかったり残念な状態にorz
どんなキャラでもいろんなキャラに絡めるようにならないと


●投げナイフ キィィック!! - kog 2011/08/28 (Sun) 02:00:26

謎の秘密結社にさらわれて、改造手術を受けたと思い込んでいる南海大学研究員・南郷猛‥‥
愚者スタートということで、あわよくばセッション中に覚醒して変身する日を夢見て、フラグを大量に投下しつつプレイングしてたんですが‥‥
なんというか、回収できたフラグが民宿の女将さんである岡見さんとのアバンチュールだけという‥‥
だって、行く場所、行く場所、事件が起きないんだもん。(笑)
そんなこんなで、死亡フラグを立てておきながら、さりげなく1人だけ現場を離れて、生き残りを図ろうとするトリッキーさに賭けてみることに。
そういうとこ、みんなプレイングを笑ってくれたんで、個人的には大満足のセッションでした。

さて‥‥
分隊メンバーの直球の情報収集に苦笑いしつつ、確信犯的な天然さを発揮しないと物語の核心シーンに辿り着かんなぁと、率先して現場捜査することに。
結果的にトリッキーなプレイングが、より強調されることになって、みんなからは珍しいと言われちゃいました。

さてさて‥‥
民宿の女将さんというと、おばさんとか年増なイメージなんでしょうか? 女性的には枯れている? いやいや、そんなことはないんじゃ?(笑)
2時間ドラマとかには、いっぱいいるじゃないですか。
要するに、物語が膨らむなら、いろんなアプローチを試してみればいいと思うんですよね。
GMの様子を見ていれば、邪魔になってるかどうかは察することができるでしょうし、GMが乗ってきたら、改めて膨らませればいい。
って、GM講座みたくなっちゃいましたねぇ。

それはともかく‥‥
本格的なバトルがなかったのと、最後が押したのは残念ですが、楽しいセッションでした。
ご一緒したメンバーさんたち、ありがとサンクスでした♪
posted by kog at 00:00 | 鹿児島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222712828
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。