Top 活動レポート>2011年 立卓システムまとめ

2011年12月20日

2011年 立卓システムまとめ

 2011年の例会もすべて終了しましたので、2011年1〜12月に「南海TRPGしろくま」月例会でプレイされたシステムを集計しました。
 しろくまのプレイ傾向など参考になれば幸いです。尚、カッコ内は2010年1〜12月との比較です。

【卓数と参加者数】※参加者数にはGMも含むが見学者等は含まない。
 期間中例会回数:12回(±0)
 延べ成立卓数:28卓(−11)、平均2.33卓(−0.92)
 延べ参加人数:143人(−52)、平均11.92人(−4.33)

【システム】成立システム:16種(−9)、成立卓数:28、不成立卓数:2、成立率:93.3%
《成立回数》
 5回
  シノビガミ(+2)
 4回
  ロードス島戦記コンパニオン(+4)
 2回
  エンドブレイカー!(+1)、真女神転生TRPG誕生編(+2)、マギカロギア(+2)
  モンスターメーカーRPGホリィアックス(+2)、丘の上の裏切り者の館(註1)(+2)
 1回
  大活劇(+1)、ガンメタルブレイズ(−3)、クトゥルフ神話TRPG(±0)、
  永い後日談のネクロニカ(+1)、マスカレイドスタイル(註2)(+1)、
  ルーンクエスト(±0)、ロマサガTRPG(註2)(+1)、怒羅魂(註2)(−5)
  ウィングキャリバー(+1)
 0回(立候補したが立卓せず)
  ナイトウィザード2nd(−1) 
 0回(2010年は立卓し2011年には立卓なし)
  SW2.0(−3)、ダブルクロス3rd(−3)、ハンターズムーン(−1)、
  D&D4th(−1)、SW完全版(−1)、異能使い(二式含む)(−2)、
  エンゼルギア2nd(−1)、クトゥルフd20(−1)、サタスペ(−1)、
  シャドウラン4th(−1)、真ウィザードリィ(−1)、世界樹の迷宮SRS(−1)、
  ナイトウィザード2nd(−1)、ブルーローズネクサス(−1)、天羅WAR(−1)、
  3人の王女(註2)、キャメロットを覆う影(註1)(−1)、
  ばたやんホラー(仮)(註2)(−1)
 註1:ボードゲーム 
 註2:同人システムまたはオリジナルシステム
 
【GM】成立GM数11人(−5)
《成立回数》
 7回:秋芳(+3)
 6回:kog(+3)
 3回:ばたやん(−1)
 2回:アブラハム(+2)、伊織(−1)、団長(+1)、律師(−4)
 1回:輝剣(+1)、ぎんざめ(−1)、シュミット(+1)、高宮(−5)

【寸評】
 ・参加者激減の年でした。
 ・参加者減を受けて卓数も減り、その上にGMも不足気味という低迷の年となりました。
 ・システムの面では、昨年好評を博したガンメタルブレイズと怒羅魂が大きく減ったほか、
  定番ともいえるSWがゼロというこれまでにない結果となっています。
 ・参加回数の多いメンバーの嗜好からか、F.E.A.Rのシステムが減り冒険企画局のシステムが
  増えています。グループSNEのシステムは現在販売中のものが少なく、過去のシステム
  が多くなっています。冒企系システムとSNE系システムは、それぞれ累計7卓(25%)
  を占めています。
 ・昨年はGMの手による自作システムが隆盛しましたが、今年は少なめ。対して、インディ
  ーズ的な同人システムが見られました。オリジナルシステムが累計1卓(約3%)、同人シ
  ステムが累計3卓(約10%)となっています。
 ・刊行から5年以上が経過しサポートなどもストップして久しい、いわゆる「現役ではな
  い」システムが累計11卓(約39%)と、懐かしめのシステムが多い年でもありました。
  昨年までの「懐かしいシステム“も”ある」から「懐かしいシステム“が”ある」へと微
  妙な変化が感じられます。
posted by 秋芳 at 00:52 | 鹿児島 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。